ビジネスマナー講師の仕事って

この記事をシェアする

ビジネスマナーとは

ビジネスマナーはビジネスの場においての礼儀作法です。
ちょっとしたことでも気を付けておくと信頼関係を崩すことなく仕事を進めることができるようになるものです。
逆にビジネスマナーを知らないと、信用を失い人間関係が壊れることもないわけではないです。
信用を失うリスクは仕事を失うリスクとも言えます。
それくらい大事なものなのです。

ビジネスマナーは相手への思いやりともいえます。
その思いやりを忘れずに仕事に取り組めば、いい結果にもつながることでしょう。
ビジネスマナーで最低限身に着けておきたいものは、身だしなみ・言葉遣い・名刺交換・電話、来客、メール応対といったところでしょう。
新入社員の研修で最優先に組まれるプログラムです。

キャリアを活かしてビジネスマナー講師に

経験を活かすということであれば、ビジネスマナー講師は接客やサービス業をしていた人が多いです。また、企業研修を受けた経験、部下の育成に関わった経験から、ビジネスマナー講師をやってみようと考える人もいます。

この仕事に興味をもったあと、さらにマナーについて学びを深めてビジネスマナー講師の仕事に活かしていく人も多くいます。

ビジネスマナー講師になったあと、どうやって仕事をしていくかも各々の考えで違ってきます。

独立して個人を対象に教えたい、あるいは法人を対象に企業研修をしていきたい。

マナー講座の講師として資格取得の後押しをやっていきたい。

といった、方向性の違う働き方があります。自分に合った働き方を考えておきましょう。