広さを自由に選択できる貸し会議室は便利

使い勝手の良い貸し会議室を選ぶために

会議に最適な広さとは

会議室を活用して会議をするとき、一般的にはどのくらいの広さが最適なのでしょう。人はあまりに広すぎると寂しさを感じ、集中力を失いやすいといいます。また狭すぎる場合でも圧迫感を感じ、閉塞感によりストレスが高くなるものです。
つまり最適なパーソナルスペースは、会議を行う人にとても重要であり、最適な環境で会議を行うことができれば、会議そのものが有意義となり得るのです。
会議の際に一般的な基準としては、1人あたり幅70から80センチメートル、奥行きが45~60センチメートル程があると、余裕を持って会議に参加できるといわれています。またこれに加えて天井が高く開放感があること、会議を行うスペースと壁までのスペースが200センチメートルあると、より開放感を感じながら会議できるとされています。

広さで選べる貸し会議室

広さがキーになる会議室ですが、今ある会議室では収容予定人数と合わないこともありましょう。会議室はあれば良いというわけではありません。充分に良い議論が行われるために、また参加者が納得できる結果に至るためには、会議を行う会議室は、その会議の条件に適切であるかどうか重要です。
そしてそれは会議を開催する側の裁量さえも決定するものです。多くの人を集める会議室があまりに小さすぎる、逆に少人数の会議なのに適さない大きな会議室を準備するという場合、会議の主催者の能力は嘲笑われてしまうこともあるのです。こうなると会議そのものの存在意義すら信用度を失いかねません。会議を行うなら、その会議の内容に相応しい広さを選ぶ必要がある。
こうした点で貸し会議室は広さを選び、その会議の有用度を高めることができるというわけです。


この記事をシェアする